日本造血細胞移植学会 日本造血細胞移植学会

HCTC新認定制度規則・細則および業務リストの公開について

会員各位
平成29年4月28日

日本造血細胞移植学会
理事長  岡本真一郎
同造血細胞移植コーディネーター委員会
委員長  一戸 辰夫


HCTC新認定制度規則・細則および業務リストの公開について


 日本造血細胞移植学会では、「造血細胞移植が行われる過程の中で、ドナーの善意を生かしつつ、移植医療が円滑に行われるように移植医療関係者や関連機関との調整を行うとともに、患者やドナーそれぞれの家族の支援を行い、倫理性の担保、リスクマネージメントにも貢献する専門職」として、造血細胞移植コーディネーター(hematopoietic cell transplant coordinator, HCTC)の育成と全ての移植施設への配置を目指しております。平成24(2012)年度から学会によるHCTCの資格認定制度を発足させ、本年3月までに一定の経験と技能を有するHCTCとして 45名を認定してまいりました。一方、本学会理事会においては、今後のわが国におけるHCTCのさらなる育成と普及のため、従来のHCTC認定基準の見直しの必要性や、後進者の範となる高い専門能力と指導能力を有するHCTCに対する新たな認定資格の必要性などが検討されてまいりました。

 このような背景を受け、一昨年よりHCTC委員会では本学会におけるHCTC認定制度のあり方についてさまざまな観点からの検討を行い、本年度よりHCTCの新しい認定制度を発足させることとなりました。ここに、その規則および細則を本学会が定めるHCTCの標準業務リスト(資料「骨髄バンクコーディネーターと造血細胞移植コーディネーターの役割」付)とあわせて公開いたします。会員の皆様におかれましてはぜひご一読をお願いできれば幸いです。

 新制度では、「認定HCTC」に加え、「専門HCTC」の資格が新たに設けられ、従来の認定者の暫定専門HCTCへの移行認定措置を含めた二段階の資格制度となります。本認定制度による資格審査は、認定HCTCと暫定専門HCTCについては本年度から、専門HCTCについては平成33(2021)年度から開始される予定です。本制度の詳細については、順次学会ホームページで案内していく予定ですが、ご不明の点がございましたら下記のHCTC委員会相談窓口までお問い合わせください。
HCTC委員会相談窓口: