日本造血細胞移植学会 日本造血細胞移植学会

平成26年度 第3回HCTC研修会および実地研修について

平成26年5月21日

日本造血細胞移植学会
理事長  岡本真一郎
同造血細胞移植コーディネーター委員会
委員長   一戸辰夫

はじめに
 日本造血細胞移植学会では、「造血幹細胞移植がおこなわれる過程の中で、ドナーの善意を生かしつつ、移植医療が円滑に行われるように移植医療関係者や関連機関との調整を行うとともに、患者やドナー及びそれぞれの家族の支援をおこない、倫理性の担保、リスクマネージメントにも貢献する専門職」を仮に造血細胞移植コーディネーター(HCTC;Hematopoietic Cell Transplant Coordinator)と定義し、このような造血細胞移植に関する専門職を社会に広く認知される一職種として確立・普及していくことを目的として、平成23年度よりCTC委員会(現HCTC 委員会)を設置しております。
 本年1月、厚生労働省より告示されました『移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進をはかるための基本的な方針』の中にも造血幹細胞移植推進拠点病院には学会認定の造血細胞移植コーディネーターを配置することが明記されました。
 HCTCの担う業務は、多くの社会資源に支えられている造血細胞移植という医療の質の担保に大きくかかわっており、所属施設外にも及ぶ個人、グループ、組織を対象とした幅広い移植前後の調整プロセスに及んでいます。比較的経験の少ないHCTCがこれらの業務に習熟することは容易ではなく、各施設におけるコーディネートの質をさらに向上させるためには、HCTCとして必要な知識・技術を可能なかぎり体系的に学習するとともに、熟練したHCTCの有する経験と情報をより多くのHCTCの間で共有していくことが必要です。そこで、HCTC委員会では、平成26年度も下記の内容でHCTC研修会を開催し、移植チームにおけるHCTCの役割、倫理的側面を皆様に学んでいただきたいと考えております。この研修会に参加され、実地研修を経て規定する要件を満たされた方は、仮認定HCTC・認定HCTCとしての資格取得申請を行うことが可能です(注)。
注):本年3月の理事会において認定制度の一本化と仮認定制度の廃止が決定されていますが、平成26年度中は仮認定資格の取得申請が可能です。
 また、今回の研修会では、移植チームへのHCTCの導入をお考えの医師、看護師ほか、関係者の方々、HCTC活動予定の方、すでに研修会修了証を取得済みのHCTCの方などのHCTC認定取得希望者以外の皆様の参加も可能としております。そして、この研修の場がHCTCの活動をご理解いただける機会となり、多くのご施設で認定HCTCが誕生することにつながれば幸いです。

第3回HCTC研修会
HCTC研修会は以下の要綱にて行います。

(1) 目的

造血細胞移植に関わる患者あるいはドナー(候補者)を対象とするコーディネート業務を行っている方々に必要とされる情報を提供し、実地研修を経て仮認定HCTC・認定HCTCを取得する。

(2) 研修を受ける資格

,△訥度の造血細胞移植に関する医学的知識を有し、造血細胞移植に関わる患者あるいはドナー(候補者)を対象とするコーディネート業務を現在所属する施設においてすでに行っている方。(下記、「※HCTC研修会参加の前提となる実務経験」参照
⊇蠡按垢泙燭楼椰∪嫻ぐ綮佞茲蝓研修会参加依頼の署名を得た方。
K楹慍餔であること。HCTC認定取得の際には、学会員であることが条件(平成28年度以降は学会会員歴3年以上であることが条件となる予定)となります。
なお、研修時間が少ないため、受講希望者は「よくわかる造血細胞移植コーディネート」(加藤俊一 編)を事前にお読みいただいたうえでご参加下さいますようお願い致します。
※HCTC研修会参加の前提となる実務経験

(1) 移植患者コーディネート

  1. 血縁者間の移植(骨髄、末梢血)・・・造血細胞移植学会との連絡調整
  2. 非血縁者間の移植(骨髄、末梢血、さい帯血)・・・バンクや採取施設との連絡調整
  3. 移植チーム、院内各部署間の調整
  4. 患者および家族への意思決定支援
  5. 患者および家族への精神的・社会的支援
(2) ドナーへのコーディネート

  1. 血縁ドナー(骨髄、末梢血)・・・説明や健康診断、フォローアップ、他の家族や患者との調整
  2. 非血縁ドナー(骨髄、末梢血)・・・採取病院としてのドナー対応、バンクや移植施設との連絡調整
  3. 移植チーム、院内各部署間の調整
  4. ドナーおよび家族への意思決定支援
  5. ドナー及び家族への精神的・社会的支援
なお、 Ν△慮修受講資格を有さない場合、定員に余裕がある場合には『HCTC認定取得希望者以外』としての参加を受け付けています。【→(5)申し込み方法をご参照ください。】
『HCTC認定取得希望者以外』の参加の場合は研修修了証のお渡しはできませんが、全ての講義を受講していただくことが可能です。
受講希望者が多数となり、定員50名を超えた場合には、HCTC(候補)の方を優先させていただきますので、ご了承ください。

(3) 研修内容

講義と演習(平成26年度 第3回HCTC研修会 HCTC研修会プログラム[PDF]

(4) 会場と日時

会場:国立がん研究センター中央病院(東京都中央区築地5-1-1)
日時:平成26年9月5日(金)〜7日(日) 解散は17時頃の予定です
*日本造血細胞移植学会主催の「同種造血細胞移植後フォローアップのための看護師研修プログラム」修了者は、本研修期間が平成26年9月6日(土)〜7日(日)の2日間になります。(全行程参加も可能です)

(5) 申し込み方法

*提出書類:
 HCTC認定取得希望者の方;H26年HCTC研修会申込書(様式1)(Word)
 HCTC認定取得希望者以外の方;H26年HCTC研修会申込書(様式2)(Word)

提出先:HCTC委員会事務局  遠藤 智子(
原則として、E-mailでの受付です。
(E-mailで申請の場合「10.参加依頼」の署名、捺印はなくても可)
郵送の場合は『HCTC研修会申込み申請書在中』と明記の上、本学会事務局へ送付ください。

  〒461-0047 愛知県名古屋市東区大幸南1-1-20 名古屋大学医学部内
  一般社団法人 日本造血細胞移植学会 事務局

*期日:平成26年7月18日(金)必着

*以下の書類を研修当日、会場受付へご提出下さい。
  1. H26年HCTC研修会申込み申請書(「10.参加依頼」に署名、捺印されたもの)
    (署名・捺印済み申請書を郵送提出された方は不要)
  2. 看護師研修修了証のコピー(「同種造血細胞移植後フォローアップのための看護師研修プログラム」修了者のみ)

(6) 参加費用

10,000円(宿泊、交通費、各日の昼食は各自でお願い致します)
(HCTC認定取得希望者以外の方も同額となります)
参加費用は、下記の口座へお振込みをお願い致します。(平成26年7月7日まで)
振込の際、お名前をお書き添えください(振込手数料はご負担をお願い致します)

【振込先】三菱東京UFJ銀行 名古屋駅前支店(店番221)
       口座番号:(普通預金)1494908
       名 義:一般社団法人日本造血細胞移植学会 代表理事岡本真一郎

(7) 問い合わせ窓口

HCTC委員会事務局 : 遠藤 智子 (

HCTC実地研修
(仮)HCTC認定の資格取得申請には、日本造血細胞移植学会HCTC委員会で承認された施設において原則5日間、1〜2施設にて実地研修を行う必要があります。
下記ご参照の上、実施してください。
なお、本年度の実地研修の受け入れ期間は2014年12月末日までとなります。
研修終了後、「HCTC実地研修に関するアンケート」にご協力ください。

研修を受ける資格

H23年度以降に開催されたHCTC研修会の修了証を有し、1年以上の「※HCTC研修会参加の前提となる実務経験」を有する方。

「実地研修受入れ施設の特徴」(Excel)

「実地研修希望者の方へ」(PDF)

「実地研修実施報告書(チェックリスト)」(Word)

「HCTC実地研修に関するアンケート」(Word)